配偶者控除の見直しとこれから

トリマーを指したのはダレ > 注目 > 配偶者控除の見直しとこれから

配偶者控除の見直しとこれから

配偶者控除を見直すというような

議論が起こっています。

 

当初は無くなる方向だった気がしますが

今は逆にそのバーが上がるというような

話になっているようです。

 

 

130万円とか150万円とかにあげて

もっと働きやすくするというような

流れのようですね。

 

ネット上の反応はといいますと

 

これは子どもを産んだ方への施策。では、産みたくても産めない方への施策は?不妊治療は本当に高くて、泣く泣く断念する方がとっても多いと聞きます。子どもを産んだのは、自分たちの決定意志。施策に頼るのはどうかとも思う。それよりも、産みたいけれど産めない、授かることができない方に手厚く補助するべきでは?だって、そういう方は「産みたい」のだから。産みたくても産めないのは自分たちの決定意志ではないのだから。

 

所得税取って、その残りから消費税、固定資産税、重量税、自賠責保険、取得税、利子税、印紙税、贈与税、ガソリン、軽油税、競馬、競輪等、宝くじ、タバコ等々。

行動する度に税金とられる。

税を払うのはいいが、ヤクザのカスリより酷い。

 

少し本気で働けば200は行ってしまう…

150じゃあ意味ないです。

 

両親が長時間働きに出る→子どもの世話する心身の余裕が減り、それでまた育児放棄だの虐待だの騒がれ、少子化がとまらない。子育て中の母親はゆっくり子どもと過ごせるように、父親の収入をまともにUPするべき!非正規雇用が多すぎることが問題!税金問題にすりかえるな!

 

 

このように不満もたくさん出ているようです。

皆が満足する方法というのは非常に

難しいものですね。

 

DCCサプリ 口コミ



関連記事

  1. アミノ酸やクエン酸を摂ると元気がでるよね!
  2. 配偶者控除の見直しとこれから
  3. 港区のビザ専門の行政書士事務所さんを探した一日(2)
  4. 港区のビザ専門の行政書士事務所さんを探した一日
  5. 気合を入れて作業しないと
  6. 耳に圧迫感を感じたら